mishimasaori

東京浅草画廊geiで展示します。

NON DEGITAL ART Competition 2021に参加します。以前、東京で通っていた工房で講師をされていた白木ゆり先生のご紹介で出品しました。現在、白木先生は独立されて、障がいのある子どもの絵画教室やご婦 […]

アフターコロナの希望的観測

コロナで1年以上、県外に出てないんだけど特に不便を感じないし、都会が懐かしいとかない。ネット何でも買えるし。むしろ、鳥取に帰っておいて良かったと思うけど、コロナ禍だから大きな声では云えない。東京で子育てしてる友だちとか大 […]

優雅な生活が最大の復讐である

スペインに「優雅な生活が最大の復讐である」または「幸せになるのが最大の復讐である」という諺がある。誰に復讐するかは人それぞれだろうけど、一般的には被害者が加害者にすることを指す。日本には「同じ土俵に上がるな」という言葉も […]

ついに工房完成!

ついに、夢の自宅裏工房が完成しました。新宿まで大きな銅板を持って電車に乗っていたのが、懐かしい。毎日でも使いたいぐらいなんだけど、そんな時に限って私はフルタイム(部分休あり)になるっていうね・・・。ここ、1、2年は社会復 […]

とっとりNOW

3月1日発売の鳥取県の情報誌「とっとりNOW」春号のあーとの森に紹介されています。書店でも販売していますが、鳥取県内の図書館なら置いてあるはずです。機会があれば、ご覧ください。今回は城特集です。また、高校の美術部のメンバ […]

流れに逆らわない

鳥取の冬の味覚と云えば松葉ガニだが、我が家では親ガニ(雌のズワイガニのこと。香箱ガニともいう)が人気だ。主に、長男C太(仮名・2歳)に。親ガニの味噌汁を作ったら「カニ!」、「ミソ!」と叫び(この人は語彙が少ない)、いたく […]

ささやかな奇跡

長年不妊治療をしていた大学時代の友だちが妊娠し、男の子と判明した時点で、ベビー用品とかベビー服をあげた。送ってから気づいたのだが、以前にその子が「妊娠したー!」と喜んでいたのに枯死卵で流産したので、生まれてから送るべきだ […]

若きウェルテルの悩み

女性の自殺が増えているらしいとネットニュースで見た。自殺の報道とかの後にいのちの電話相談の案内とか毎回出しているけど、果たしてそれは意味があるんだろうか?ネットで調べたら「繋がらない」とか「相談員がボランティア」とか書い […]

普通になりたかった。

夜、夫と「レオン」を観ていて、こういう関係が昔好きだったなと思い出した。 しかし、初めてレオンを観た高校生の時と記憶が大分違っていて、私は「少女と殺し屋の一時の交流」だと思っていたのに、マチルダが思いっきり胸の開いた服と […]

キャッシュレスへの不安

近所のスーパーでキャッシュレスにするとお得キャンペーンをしていて、毎日使うからそのスーパーのクレジットカードを作った(専用のカードじゃないとポイントがつかない)。 私はデパートでクレカを勧める側の仕事をしていたことがある […]